アーカイブ

Archive for 2013年8月

TxK開発進捗ブログ翻訳:アルファの現状(8/19)

TxK state of play – Alpha Posted on August 19, 2013 の翻訳です。

アルファのマイルストーンに到達した現在の、ゲームの進捗を知りたい人がいるのではないかと思いました。基本的には、ゲーム全体のフレームワークが出来て、ここからは各レベルに多くの敵を入れて、ボーナスラウンドのバリエーションを実装することが主な仕事になります。

今回はビデオをいくつか使って紹介します。Youtubeビデオを埋め込みますが、このクオリティはベストではないため、圧縮が少ないmp4ファイルへのリンクも付記します。最良の画質で見るにはmp4ファイルをダウンロードしてローカル再生してください。

まず、ゲームのまさに最初の段階のビデオになります。タイトル画面、レベル選択(レベル1にすぐ移動するので短いです)、そしてレベル1を遊んで、レベル2の最初までです。

Click here for the mp4 file

TxKには個別のチュートリアルモードはありません(本当に単純なゲームなので、チュートリアルは必要ではないのです)。ただ、最初の3レベルでは、「チュートリアルラベル」がつきます。敵には「私を撃って」ラベル、パワーアップが出たときには「パワーアップを集めて」ラベルが出ます。ラベル表示は永遠に続くものではなく、新しいアイテムが出た時の最初の数回だけ、どんなものかを示すために出ます。

このデモでは、サーフェスから抜ける時に最後のパワーアップを集めて、特別の「YesYesYes」ボーナスを取っています。このボーナスは、ハイパースペースシークエンスで取ることができるワープボーナスアイテムを最大の2000点にします。(ハートと女性の声がします)Vitaを傾けて六角形の中心を通り抜けるとハイパースペースボーナスが得られます。通常は、正確さに従って250点から2000点を得ることができます。

女性の声は最終のゲームに入るかは未定です。無害な楽しいことなのではないか(T2Kにもあったものです)とは思うのですが、他の人の感想も聞いて、もし行き過ぎということであればトーンダウンさせようと考えています。

注意深くタイミングを見て、クローの「腕」を伸ばせば、サーフェスの手前まで来てしまった敵も倒せます。手前にいる敵(もしくはジャンプしている間に撃った敵)は得点にならないので、これはちょっとリスクが高く、必須ではない行動です。レベルの一角で動かずに待機すること、「ジャンプ連発」で難しいレベルを突破することも可能ですが、もっと慣れてきたらもう一度挑戦しなおしたくなるでしょう。敵を撃ったほうがもっと多くのポイントが入るのです。

スコアののばすためにレベルを遊びなおすといえば、いつもの「リスタートベスト」を実装してあります。レベルクリア時の一番よかった状態(スコア、ライフ、ボーナス倍率)を記録し、そのレベルから再スタートした場合にその状態から開始できるというものです。今までのゲームでもとても好評で、TxKでも非常によく機能しています。

次のビデオはチャプター2からのゲームプレイになります。(16レベルからなる「チャプター」から構成されています。ウェブの色が変わり、新しい種類の敵が追加されます。)


click here for the mp4 file

このレベルはブル・ライドと呼ばれていて、その理由は見てわかるとおもいます。スピナーという敵によってサーフェスが回転し、揺らぎます。サーフェスにしっかりついていく必要があります。(シューティングとしてはレベルはそんなに難しいものではありませんが)スピナーを撃つことで、回転は止まります。

最後にボーナスラウンドへの突入、ボーナスラウンド環境での飛行を見てみましょう。


Here’s the mp4 file.

ボーナスレベルに入るには、各レベルとパワーアップを積極的に集めましょう。大部分のレベル(短いレベルを除く)の一連のパワーアップにはワープトークンがあります。4つ集めると、レベル間のワープシークエンスが異なるものになり、ボーナスラウンドに行くことが出来ます。

ボーナスラウンドでは、器用さを試されます。ここではリングの中を飛行します。他のラウンドでは決められた道をたどります。最終のゲームには様々なボーナスラウンドが入ります。失敗してもライフは減りません。メインのシューティング・アクションに対するチルアウト休憩のようなものと考えてください。(音楽もそうした感じに変わります)ボーナスラウンドの最後までたどりつくとボーナス倍率が0.1上がります。最初は倍率は1でボーナスラウンドをクリアするごとにあがり、獲得スコアが少し多くなります。

ここでも女性の声のエフェクトは最終的なものではありません。いたずらで楽しいものだと思うのですが、決定する前に他の人の意見も聞きたいと思っています。

T2Kのボーナスラウンドとは違い、先のレベルにワープはしません。T2Kのレベルワープではスコア機会を失ったり、好きなレベルが飛ばされたりした、という話をきいているので、今回はワープはなしにボーナスに影響するだけです。

この段階での進捗に満足しています。ゲーム制作の峠を越えてきたように思います。すべての部分はそろい、よい感じに遊べ、難易度もよい感じで、スムーズで美しいです。(mp4をダウンロードすれば実際の見た目がよくわかるとおもいます)この先はすべてのレベルに敵をもっと加え、ボーナスラウンドを追加し、エフェクトとゲームプレイを洗練させていきます。今年中の完成に向けて順調に進んでいます。

ベータになったらまた更新します!

カテゴリー:TxK, TxK開発ブログ翻訳

TxKプレアルファ映像

ジェフ・ミンターさんのTwitter投稿から、TxKのプレアルファ映像のダウンロードが可能です。

それぞれ10秒程度ですがタイトル画面らしきもの、AIドロイド付きのプレイの様子を確認できます。

カテゴリー:TxK