Making of Polybius:開発初期

(ラマソフトblogより参考訳)

Early Days http://minotaurproject.co.uk/blog/?p=440

「VRの再浮上」が起こりはじめたのはVita向けのTxKを作っていたころで、TxKの開発が終わった時にソニーが自身のVRシステムを作ろうとしているという話を聞き、私達は興味を表明した。PSVRの初期のプロトタイプを手に入れる機会を提示され(ああ、この初期のプロトタイプからなんと遠くに来たことか)そのチャンスに飛びついたのだ。

1ヶ月ほどかけてちょっとしたものを作って実行できるようにした。自分のiOSゲームのMinotaur Rescueから発想した単純な小さなVRゲームを作った。球体の中で遊ぶ単純なゲームだ。小さい自機は視線方向で完全にコントロールされて、コントローラーはまったく必要なかった。ゲームプレイもシンプルで、岩や敵を撃って、プレイエリアに浮かんでいる小さなミノタウルスを救助する、というものだった。

これをOculusとGearVRにも移植した。いくつかの展示会でデモをして、体験版をGearVRアプリストアに上げたが、広く配布はされなかった。これでお金を稼ぐつもりもなかったし、むしろVRの世界に足を一歩踏み入れる練習と思っていた。

その後TxKをPS4向けにオーバーホールしてPSVRサポートを追加した。これはPCとOculusにも移植し、展示会で見せた時には反応はとてもよかった。ゲームとしては機能するのにVRを必要としないものの、ゲームを遊ぶときにすべてに囲まれているのはいい気持ちだったし、得に面をクリアして飛びながら周りがすべて砕け散るのを見るのは特にすばらしかった。トロンのような80年代のアーケードゲームの*中*にいるような気分になり、これがとても気に入ってPolybiusを作る時にも頭の中に存在することになった。

これらのバージョンのTxKはリリースはされていない、ここではその話は繰り返すつもりはない。それでもいつの日かこれらがまた日の目を見る可能性はないとはいえない。いつかわかるだろう。

これが終わったころには、PSVRは最終的なリリーススペックにより近づき、どこまでできるかもわかるようになってきた。作成した環境テスト(Oculus上で作成)の動画、「影響」を示した画像、そして「VRでとてもクールなものを作る!」と主張する自分自身くらいだけでソニーを訪問した。開始の承認がおりて、その時どんなゲームにしようと思っていて古い伝説のPolybiusのことが頭に浮かび、Polybiusからインスピレーションを受けた何かを、今のVR技術で非常に没入できる素晴らしいものとして作るのが面白いのではないかと考えた。VR版のTxKを遊んだ人が陶酔するのを私は見てきた。もしそうした感覚を呼び覚ますようなゲームを作れるのなら、精神に影響を与えるという伝説のPolybiusの名声にふさわしいものになるではないかと思ったのだ。(もちろんここでは無害で前向きな影響を作ろうとしていた。伝説のPolybiusのように洗脳や不快なものではなく)

完全に新しいゲームを作るには、自分たちのNeonライトシンセサイザーエンジンのPS4で動く実装が必要だとわかっていたので、それから着手した。ゲームはVRモードだけではなく通常の2Dでも動くように作る、とはいえまず最高のVR体験になってほしいと思っていた。だから環境やエフェクトの開発は直接VR空間で行いたいと思った。それにはNeonエンジンを拡張しステレオ3Dをサポートする必要があり、私はVRの中で機能するエディタを作った。環境を生み出すパラメータの調整もアニメーションもVRで行い、結果は周囲に浮かんで見えるようにした。

このエディタはかなり複雑で多才な獣となった。Polybiusの環境を作るために必要ではあったものの、数ヶ月の開発期間がかかってしまった。予想したより長くかかってしまった。ジャイルズが面白いNeonモジュールを作り、私はそれを使って実験する。ただ時間が経過すると共に、段々と心配になってきた。いいエディタはできてきている。それなのに実際のゲームプレイはまだ動いてもいない!

そしてその時がきた。ジャイルズがイタリアに数日帰っている時で、進行状況を見せなければいけないソニーとのミーティングの日時は近づいていた。それなのにまだ何のゲームにもなっていなかった!だから私は「よし!何かやってみよう!」と考えて一番単純なサーフェス、スクロールテストで使っていた平面、の上にいくつかのアイデアを配置した。

Neonのスタックで小さな自機を作り、コントローラーと結びつけた。弾を出せるようにして、白い仮の立方体を敵として吐き出すレベルシーケンサをも作った。敵を撃つと爆発するようにした。撃って壊せる地形のブロックも配置してから試してみた。いい感触がしたのでUnderworldの曲をかけて、通過できると加速するゲートを配置した。

突然、感触が素晴らしいものになった。ゲートの間を飛んで通過し、クレイジーなスピードを積み上げ、白いブロックを撃って周り中爆発する…笑みが浮かんでいたのを覚えている。とうとうゲームプレイの目指す方向を見つけたのだ。

ジャイルズが帰ってきて、私は興奮しながら試して欲しいとヘッドセットを渡した。ジャイルズの反応も私とほぼ同じだった。何かいいものができようとしているとわかったのだ。私にとっては安心できることになった。この瞬間を長く待ち望んでいたからだ。時には永遠に来ないように思えても、最後にはこうした瞬間が必ずやってくる。

そして私達はソニーへのミーティングに行った。(当初は困難もあった、誰もdevkitを動かしていないような変なバージョンのOSを使っていたせいでデモを動かすのにも苦労してしまったのだ)まだ数週間前に形を取り始めた、骨格だけのコンセプト段階で、ソニーがどう思うのかはわからなかった。担当チーフにヘッドセットを渡し、ソーシャルスクリーンで様子を見た。VRで遊んだ人にはわかるかもしれないが、外から2Dで見ているだけではVRで世界の中にいる感覚は伝わらない。外から見ている人にとってはただOKという感じだったようだ。

そしてチーフがヘッドセットを外した。笑顔で、2分間遊んで「ジェダイのような気分になった」と語ってくれた。まさに聞きたいと思っていた言葉だった。他の人も試して、ヘッドセットの中に入って遊ぶのを楽しんだ。

開発の次の段階への承認が降り、私達は幸せな気持ちでグリニッジのPelton Armsへと舞い戻った。(ロンドンで一番お気に入りのパブで、ロンドンにミーティングに行ったときは毎回寄っている。素晴らしいビールに音楽に、有名なネコに、朝には素晴らしい朝食が出る。何度も通っているので地元民のように扱われている。Polybiusのクレジットにも掲載している)

そして次の段階に進むことができた安堵を祝って多少ビールを飲んだ。あとはゲームの残り95%を作るだけだった!

 

Making of Polybius: 影響

(ラマソフトblogより参考訳)

Influences http://minotaurproject.co.uk/blog/?p=433

ようやくリリースされた。そして皆は嫌ってはいないようだ!

ここまでようやくたどり着くことができてとてもうれしい。とても長い道のりだったから。

Polybiusのデザインとメイキングプロセスについての詳細投稿をしようと思っている、とはいえ金曜から数日兄弟とネットのないところに行くので全部をそれまでに完成できるかわからない。だからいくつかの投稿に分割しようと思う。この最初の投稿は、実際の中身はあまりなく、たくさんの画像を見せるだけになる。

Polybiusが実際にどのようなものになるか自分でわかるまでの間(こんなものになると言えるようなるには予想より恐ろしいほど長く時間がかかったのだが、この話は別の投稿でしよう)、自分にあったのは名前と、方向性に関する漠然とした感覚だけだった。最初にしたことは、探しに出て、スクリーンショットと画像をフォルダに集めることだった。新しいゲームで感じたい感触の一部や一面を持つと思われるスクリーンショットや画像だ。そうしたものをあからさまにコピーするということはしたくなかった。これは自分が何を気に入っていたかを考えるための材料で、これから自分が作り上げることになるものについての情報を知るためのものだった。

これらの全部がわかるだろうか?

(画像は元投稿参照)

Polybiusのメイキングについては明日か明後日にもう少し投稿するつもりだ。兄弟との旅行までに終わらなかったら、戻ってから続きを書くつもりだ。

カテゴリー:VR

Polybius遊び方メモ

2017年5月10日 2件のコメント

ラマソフト、ジェフ・ミンターさん本人による最初の7面の解説。(英語)

サイケデリックな光と音の洪水の中、考えるより感じて気持ちよく遊べばいいゲームと思いますが、攻略(?)ヒントがあると嬉しい人もいるような気がしたのでメモをシェアします。

(6/11追記:50面クリアしたのでメモを追記しました)

(Polybius遊んでいる人に拡散してほしいと思ってみたり…)

メニュー系の説明

PolybiusはPSVR対応ソフトで、PSVRではVRモードが楽しめますが、PSVRなしでも2Dモードで遊ぶことが可能です。3DTVにも対応しています。

最初の「サイケデリックなビジュアル」と「点滅画像」警告はスキップ不可。(この警告なしではリリースできなかったという事情があります)

発作やてんかんなどの病歴がある、もしくは家族や親戚に病歴がある場合、こうした画像に対して不安がある場合はゲームをする前に医師に相談することを勧めるメッセージ。VR酔い要素はほぼ取り除いてあるものの、映像は強烈なので体調が悪い時は遊ばない方がいいと思います。

点滅している「サイケデリックなビジュアル」サインにカーソルをあわせてXボタン(海外のゲームではXボタンが「選択」)→「このゲームには強烈な色の組み合わせ、幾何学パターン、形状アニメーションが含まれ、ユーザの中には不快に感じる人がいる可能性があります」→Xボタン→点滅している「点滅画像」サインにカーソルをあわせてXボタン→「このゲームには点滅画像、点滅カラーパターンが様々な周波数で含まれ、ユーザの中には不快に感じる人がいる可能性があります」→Xボタン→これらの警告を読んで理解し、遊ぶことを選択する場合はXボタン、警告を再度読むにはoボタン

メインメニュー

  • 左右でゲームモード選択(クラシック、ピュア、YOLO…詳細は後述)
  • 表示選択(VRモード、3Dテレビモード)はメニューに表示されたボタンを押す。毎回表示モード選択が面倒な人はOptionsボタンのメニューから設定可能。
  • Optionsボタンでオプションメニューへ

オプションメニュー

ゲーム設定(ガンマ、IPD、起動時の2D/3D/VRモード設定を変更可能、Xボタンで保存)、ハイスコア、トロフィー(3Dアイコン表示)、ボリュームを選択可能。△キーでクレジット兼ジュークボックス画面へ。

ゲームモード

  • クラシック:進んだ面のスコアとシールド数が記録されていて、途中面からコンティニュー可能。面クリア時のシールド追加数は3。
  • ピュア:常に1面からスタート。面クリア時のシールド追加数は2。
  • YOLO(You only live once、命は一つだけ):1面スタートかつ面クリアでもシールドが回復しない。限られた命でチャレンジ!

クラシックの場合は開始面を選択可能。

ゲーム操作&要素説明

左右で自機を移動。Xボタンで弾を撃つ(押したままでショット連射)。Optionsボタンでポーズ。ポーズ中に十字ボタン上下左右で音量調節ができる。VRモードで起動している場合、ポーズ中にまわりを見回すこともできる。

シューティング(敵を撃つ、障害物を壊す)+レース(ゲート通過でスピードアップ、スピードアップするとスコアアップ!障害物を避ける)…フローが大事。流れるように進み、高速になるほどスコアアップで気持ちもいい!

ゲート:牛の角に囲まれたようなゲートは、うまく通過できるとスピードアップ&敵を倒す衝撃波発生&デフレクタ発生!連続して通過することでさらにボーナスが!ただしゲートの通過に失敗(角にあたる)とシールドが減り、スピードも落ちます。全部のゲートを取る必要はない(逃してもペナルティはない)ので、通過できると思えるものだけに絞るのがおすすめ。あえてゲートを避けてゆっくり進むのも選択!なお位置が合っていて通過できる状態だとゲート色が変化する…これに気がつくと通過が楽になるかも?あと時々誘導ルートも表示されます。

カプセル:ボーナスやパワーアップが含まれている。敵をある程度倒す、といったアクションで発生。弾がちょっとだけホーミングしてくれるDivergent Shootingパワーアップもカプセルから取得。赤カプセルはスーパーブースト。一番強いカプセルは青のカプセル=タイムワープ。無敵&時間の流れがゆっくりになり、獲得スコアが10倍に!

シールド:ゲート衝突、障害物衝突、敵の弾などでシールドが減る。シールドがなくなった状態でダメージを受けるとゲームオーバー。シールドはYOLOモード以外では面クリアで追加。

デフレクタ:ゲート通過、カプセル取得、目玉焼きの黄身を撃つ、敵の弾を撃ち落とした後に残るリングなどを取得した時などに短時間デフレクタ(自機を守る球体シールド)が発生。デフレクタが有効の間はある程度衝突から守られる。激しくなる一方のこのゲームではデフレクタを意識して、デフレクタ時間を獲得するのが生き残りの鍵!デフレクタの残り時間は画面中央上のあたりに表示される…とはいっても実際はあまり落ち着いて見てもいられないかも。

障害物:撃って壊せるものと、壊せないものがあります。撃った時の音や反応に注意。デフレクタが有効ならシールドが減らずに突破できるものも。

牛:撃つとボーナス!牛はいいもの!

敵グループ:グループになっている敵を倒すと、倒したパーセントでボーナス。敵を倒した時の音の音程が上がっていく=グループを倒した割合が上がってきている。撃った弾数は関係ないのでどんどん撃ってしまいましょう!

面最初のメッセージはOptionsボタンでポーズして読んでみるとヒントになっていることも。面クリア時の遷移時にコントローラーを操作しないでいると、Xボタンを押すまで面移動をポーズできる。この画面では遊び方のヒントやラマソフトからのメッセージが表示される。

右スティック上でレベル遷移をスピードアップ。

全50面(→面リスト)。ボスは存在しないスムーズな難易度上昇と進行。5面ごとに曲が変わる。モードごとに違う曲が用意されている。曲はオプションのクレジット(兼ジュークボックス)で聞くことができる。サントラ発売中。(ラマソフト掲示板の仲間達による作曲)

9面の旗はスキーのスラロームのように、旗がはためいている方向で通過しないといけない。下の画像の例だと右側(ポールにギリギリ近いほど得点アップ!)

2017-05-13 21_46_26-Polybius Intro - YouTube.png

後のステージでは、撃つと反撃が来るものもあるので気をつける必要がある。

ジャンプするゲートでの滑空時間をのばすには左スティック下入力。

目玉焼きは大事。目玉焼きの黄身を撃ったときのデフレクタ時間増加は大きいので、ゲートより目玉焼きを狙ったほうがいい時もある。

後半の一部面で登場する「偽カプセル」は取るとマイナス効果。ただ、デフレクタが有効で跳ね返すと、デフレクタ持続時間が大幅に上昇。

地平線を見ていると敵やゲートなどの登場位置がわかるので注意して見てみましょう。特に連続してジャンプゲートを通る必要がある面で重要です。

その他情報

120FPS、オーバーサンプリング2倍。PS4PROでは UHD 4Kサポート。

PSVR対応タイトル。ただしPSVRなしでもプレイ可能。3Dテレビにも対応。

PC版も開発中。6ヶ月の間はPS4独占なので、その期間が終わってからリリース予定。

現状日本配信なし…

いい気分になったり、恐怖を克服したくなったり、羊を抱きしめたくなったり、ジェフさんにビールをおごりたくなったり、紅茶を飲みたくなったりするような、ほぼ無害なサブリミナルメッセージ入り

カテゴリー:VR

Polybiusサントラ&グッズ情報

PolybiusグッズはRedbubbleで販売中!おすすめは暗い色のTシャツ、パーカー。ジェフさん、イヴァンさんがイベントで着ていたのとお揃いです。ステッカーもおすすめ。日本発送も可能!(Redbubbleの割引コードがあるとお得に購入できます)

ra,unisex_tshirt,x2200,101010 01c5ca27c6,front-c,392,146,750,1000-bg,f8f8f8.lite-1.jpg

Polybius – The Original Soundtrackはbandcampで配信中!TxKに引き続き、ラマソフト掲示板のアーティストが結集。サントラには各モード、メニューでの33曲に加えて全曲をミックスした1:14:26のThe Continuous Mixも収録。

各モードでのトラックリスト(5面ごとに曲が変わる)とサントラのトラック番号の対応表

クラシック:

1.Gareth Noyce – Brace Position 06:46
2.Junosix – Kronoses 04:20
3.Peter Duggal – Pyongyang 05:35
4.TONAL AXiS – Clouds 03:54
5.gribbles – Wait A Minute Now 03:43
6.Jenny and the Giants – RAM 04:23
7.Spydabee – Lubio PSY 02:58
8.JMC – Anacyclosis 3 05:59
9.Spydabee – Blips You 03:33
10.Coupler – Yak Attack 07:11

ピュア:

11.quiddity – Nix Dogma 05:57
12.TONAL AXiS – Angel (Lost MiX) 03:34
13.Peter Duggal – Flightless 04:04
14.TONAL AXiS – Hardware 02:20
15.JMC – Anacyclosis 7 04:48
(2.Junosix – Kronoses 04:20)
16.Coupler – Baaaaacid 06:48
17.Chontler – Polybian Prime 04:26
18.Peter Duggal – The Alibi 04:15
19.Peter Duggal – Something Might Work Out 01:43

YOLO:

20.Peter Duggal – Always Rise 04:20
21.David Oldcorn – Elliptical Orbit 03:52
22.Leon L. Robinson (Baggypants) – Bloody Eye 05:41
23.GovernmentYard – Chemical Bird 03:04
24.Peter Duggal – Losing Control 01:34
(15.JMC – Anacyclosis 7 04:48)
25.Rodger Poker – Hotdog Acid Squad 01:48
26.Chontler – Red Peril 04:02
(17.Chontler – Polybian Prime 04:26)
(2.Junosix – Kronoses 04:20)

メニュー曲:

27.Peter Duggal – Nervous 03:10
28.Coupler – Loop 1 00:57
29.Coupler – Loop 2 01:06
30.Peter Duggal – Reflective 02:38
31.Rodger Poker – Frimuck 01:21
32.Rodger Poker – Head One 00:48
33.Rodger Poker – Speckors 00:43

カテゴリー:VR

Polybius北米&欧州でリリース!PSVR動画レビューも!


北米とヨーロッパでPolybiusがリリース!
「forgot I had a body(自分に肉体があったこと忘れた)」とトリップしているPSVR動画レビューも!

カテゴリー:VR

PSVR Polybiusプレイ動画(Youtube版)

カテゴリー:VR

Polybius最新プレイ動画(ジェフ・ミンターさん本人による解説付き!)、ヨーロッパ配信は5月10日!?

都市伝説のアーケードゲームをPSVR対応タイトルとして実際に作ってしまったラマソフト最新作、Polybius。承認プロセスで少し時間がかかってしまって当初の予定から遅れてしまったものの、ヨーロッパでは5月10日配信の見込みの模様。

ジェフ・ミンターさん本人による解説つきプレイ動画はこちら。Youtubeの画質劣化を避けるために1GB近くのWMVでアップロードされているので注意。

レトロでアブストラクトでサイケデリックな空間を疾走し、ゲートをくぐってスピードアップ、敵を撃つ、障害物を壊す/避ける、牛はもちろんボーナス…という説明はともかく、PSVRで遊ぶとおそらくまだ人類がいままで到達したことのない領域を垣間見ることができる予感。なお、120Hz対応で酔わない&リラックスした体験とのこと。

(PSVR専用ではないくPSVR対応タイトルなので普通のテレビでも遊ぶことは可能。ただ、もちろんおすすめはVR。将来的にはPCにも移植予定)

カテゴリー:VR